お客様の声Customer’s voice

少しハードルが高いと思われがちなオーダーメイド枕・マットレス。
カウンセラーの正しいアドバイスのもと、自分の睡眠スタイルをデータで確かめれば安心して自分に最適な快眠グッズを選ぶことができます。
あなたの悩みを解きほぐし、安心して眠るための確かな提案を、まずは体験してみてください。体験の様子はこちらでご紹介しています。

お悩み

寝付きの悪さ

看護師のYさん

寝るまでに20分以上かかるという寝つきの悪さ

看護師のYさん(40代・女性)

睡眠に関して一番の悩みは、なかなか寝付けないことです。20分以上うだうだと寝付けないことが多くあります。部屋にエアコンがないので、寒い日は掛け布団を3枚かけたりしています。
とりあえず布団に入ったらすぐ眠れるようになりたいです。

スリープマスターからのアドバイス

布団を重ねずに1枚で保温性のあるものにかえましょう!

Yさんの睡眠環境 温度△ 湿度◎ 照度◎ 音圧◎

夜寝付けないと、眠れないことに焦ってますます眠れなくなってしまうこと、よくありますよね!Yさんのお部屋は、室温が低く、すぐ寝つきやすい環境とは言えませんでした。寒さをしのぐために布団を重ねることで、重さがストレスになっていたことも一因かもしれませんね。
Yさんのように室温が低く、湿度が安定している寝室でぐっすり眠るためには布団を重ねるのではなく、一枚で保温性のあるものに変えることがオススメです。

AFTER

自然素材のブランケットで
ぐっすり。朝の二度寝をやめて、体内リズムがつかめました!

今までは、化繊の毛布を2~3枚重ねがけしていたのですが、シルク混のブランケットの方がオススメと聞いたのでブランケットに変えてみました。使用した初日は軽すぎて夜中寒くなるのではと不安だったのですがシルクとコットンは想像以上に保温性が高く、肌触りもよいので、朝まで寒さを感じることもなくぐっすり眠れました。また、今回のアドバイスをきっかけに、就寝前の行動や環境を見直したり、朝の二度寝などをなくしたりすることで、規則的な体内リズムもつかめてきた気がします。

お悩み

ぐっすり眠れた気がしない

看護師のYさん

朝5時起床、翌4時就寝。時間が不規則でぐっすり眠れた気がしない

タクシードライバーのIさん
(50代・男性)

仕事があるときは、朝5:15に起床し翌日4:00頃床に着くという生活を送っています。
仕事が不規則なため、普通に夜睡眠をとることもあれば、昼間の明るい時間に睡眠をとることもあり、ぐっすり眠れていないような気がしています。途中、お手洗いに1〜2回起きてしまうので、熟睡もできていないのかもしれません。3ヶ月前に枕を買い換えてみたのですが、それもしっくりきていません。

スリープマスターからのアドバイス

照度を調整してぐっすり眠りましょう!

Iさんの睡眠環境 温度△ 湿度◎ 照度△ 音圧◯

不規則な時間での睡眠でも、ぐっすり眠れると疲れが取れますよね!Iさんは、お仕事柄睡眠時間が不規則なので、夜の睡眠と昼間の睡眠の両方を見させていただきました。室内環境に関しては、温度がやや低い程度でその他は比較的良好であることがわかりましたが、日中眠ることがあるため、部屋の照度は407lxと、眠るのに理想的な明るさではありませんでした。Iさんのように光が差し込むお部屋で就寝する際には自然光を遮断してなるべく夜と同じ環境をつくるたことが重要です。お手軽な方法としてアイマスクの利用もオススメです!

*西川産業の推奨する明るさの基準=0.3lx

西川産業が推奨する明るさの基準が0.3lxのところ407lxとかなり明るい環境であることが分かります。

AFTER

途中で目を覚ますことが
なくなりました!

昼間の就寝時の室内を暗くする対策として、自分では遮光カーテンをつけることくらいしか思いつきませんでした。
スリープマスターの方にアイマスクのご提案をいただいたときは、安価で簡単にできることだったので、その手があったか!と感心しました。アイマスクをつけて寝るようになってから、途中で目を覚ますこともなく、ぐっすり眠れるようになりました。確実に睡眠の質は上がったと実感しています。今後は、低めだった室温を22℃の適温まで上げ、さらなる睡眠の質の改善を目指したいと思っています。

お悩み

コリと疲れが取れない

看護師のYさん

朝5時起床、翌4時就寝。
時間が不規則で夜中に目が覚め、肩と首のコリもあるので眠っても疲れが取れない。
眠れた気がしない

フリーランスのTさん(50代・男性)

一番の悩みは、睡眠の途中で起きてしまうことです。仕事柄、パソコン作業が多く、首や肩のコリがなかなか取れません。
朝もなかなか起きられないので、しっかり寝てスッキリ目覚められるようになりたいです。

スリープマスターからのアドバイス

自分にフィットした寝具で寝心地を変えてみましょう。

Tさんの睡眠環境 温度◎ 湿度◎ 照度◎ 音圧◎

眠りの悩みは人それぞれ。なぜだか分からないけれど夜中に目覚めてしまって疲れが取れない・・というご相談は非常に多く頂きます。
Tさんは活動量計の測定結果から、寝返りが極端に少ないことがわかりました。肩や首のこりが酷いともご相談頂いたので、今回は「枕」をご提案させて頂きました!
適度な寝返りは血液やリンパなどを循環させたり、体の一部が圧迫されるのを防いだり、ゆがんだ骨格を元の位置に戻したりといろいろな効果があります。Tさんは、お部屋の環境は適切でしたので、寝心地の良い枕でよりリラックスできるようにご自身にぴったりフィットする枕を測定してオススメさせて頂きました。

AFTER

自分にフィットする枕で、
熟睡できています!

寝具には特に悩みがなかったので、合っているんだとばかり思っていましたが、スリープマスターの方に、枕を変えることを勧められ、頭の高さを計測していただきました。私にジャストフィットな枕を使うことは初めてでしたが、やっぱり市販のものとは寝心地が全然違いました。
計測結果でも、睡眠途中での覚醒の回数が減っていたので、熟睡できているのかなと思っています。

お悩み

寝不足

看護師のYさん

乳児の子育てで
どうしても寝不足に…

東京都 主婦(30代・女性)

約1年前に2・3人目となる双子が生まれてから、
ぐっすり寝れず、朝起きたときの疲労感に悩まされています。
子供が小さいため夜中に起きてしまうのは仕方ないものの、環境を変えて少しでも疲れが解消できれば!!

スリープマスターからのアドバイス

入眠前のリラックスタイムを作ること

小さいお子さんたちを育てる日々に、睡眠の悩みも抱えていたそう。初回ヒアリングの後、約2週間「活動量計」を着けて生活してもらいました。その結果、やはり夜中に何度も起きてしまっていることが分かりました。結果をもとにカウンセリングを受けたところ、疲れて寝付くまでの時間は非常に短いのですが、途中で何度も起きてしまう日が多いのが特徴だそうです。

眠りのプロ「スリープマスター」のアドバイスは、「入眠前のリラックスタイムを作ること」。ハーブティーやホットミルクを飲んで胃を温めてみたり、明かりを間接照明にしてみたり。入眠前の短時間で体と心を切り替えることで、睡眠の質が変わることもあります。ハーブティーを数種試飲してみると、「味や香りもまろやかで飲みやすい」とご満悦。

体の疲れの原因には、10年以上試行錯誤しているという枕に原因がありそうです。スリープマスターとともに、自分の睡眠スタイルに合ったオーダーメイド枕を試してみました。データによると、左向きで寝ていることが多いそう。高さの合った枕を使用することで、体圧を分散させて腰への負担を減らしつつ、両サイドは横向き寝の際にも肩に負担のかかりにくい、理想的な高さに調整しました。素材には、クッション性に優れた「ソロテックス粒わた」をセレクト。これで、自分だけのオーダーメイド枕が完成です。

「睡眠の悩みは家族以外には相談しにくいもの。同じく悩みのある親にも、ぜひ体験させたいです。今回は枕を試しますが、調子が良さそうなら今度はマットレスも検討したいですね」

「仰向け、右向き寝が多い」と思っていたものの、全く反対の「うつぶせ寝、左向き寝」が多いという結果に。

今回のねむりのサポートグッズ

スリープマスターと実現する、
世界にひとつの専用枕

  • &Free オーダー枕

    &Free オーダー枕

    柔らかさの異なる素材をセレクトし、頭から背骨にかけての形を専用の測定器「デジタルプレスシェイパー」で計測。実際に使用してフィット感を確かめながら、最適な高さ・柔らかさの枕を見つけられます。
    70cm×43cm ¥27,000(税込)

  • &Free オリジナルブレンドハーブティー

    &Free オリジナルブレンド
    ハーブティー

    リラックス&リフレッシュに最適な5種のオリジナルブレンドを用意。今回は、夜のリラックスタイムにピッタリの「スリーピングビューティー」をセレクト。
    ¥1,296(税込)

AFTER

首の痛みが無くなりました!

眠りのカウンセリングをプロの方にしてもらったことは始めてで、とても勉強になり良い体験をさせて頂きました。
ハーブティはとても優しい味で、家事.育児が一段落したときに飲むととてもリラックス出来ました。作ってもらったオーダー枕は、横向きが寝やすい!(笑)
今までは横向きになった時、どうもしっくりこなかったのがこの枕だと横向きになったとき首がとても楽です。仰向けの時も首から肩にかけてぴったりフィットしてるので体の変な浮きがなく、気持ちよく寝ていられます。お陰さまで首の痛みもなくなり快適に過ごしております。

お悩み

体の痛み

看護師のYさん

充実した学生生活も、
多忙で寝不足気味に…?

東京都 主婦(40代・女性)

今年の春から新たに専門学校に通い始めいままでよりも忙しい生活になって、講義中も眠気に襲われてあくびばかり。
夜も夜中に何度も起きてしまったり、身体が痛くなったりと悩みがあり自分ではどうすればよいかわからず、カウンセリングを受けに来ました。

スリープマスターからのアドバイス

意外にも睡眠の質は良好。眠気はプラスオンアイテムでカバー

活動量計のデータを見ると、睡眠時間が短めなものの睡眠の質、睡眠効率が理想的だということがわかりました。いわゆる”ショートスリーパー”で、短い時間でもグッスリと眠れているようです。当初は睡眠の質を心配していたものの、これにはほっと一安心。
寝ている間、寝返りもほとんどしていないことがわかりました。もうひとつの悩みである体の痛みは、マットレスに原因がありそうです。10年以上使っているというマットレスは、経年劣化で体の形にヘタってしまい、体圧をうまく分散できません。今回は、固さの異なるマットレス4種類をお試し。その際、専用の機器を使用して、体圧がどのようにマットレスにかかっているかを比較しました。

比較の結果、ハードタイプのマットレスが自分の体に最も負担がかからないとわかりました。体験でマットレスに横になってみると、寝心地のよさを実感。データも併せて見ることで、マットレス選びの後押しになったようです。
また、昼間の眠気の解消には、アロマミストが効果的。ペパーミントなど目の覚める香りのミストを吹きかけることで、眠気もスッと引いていきます。小さなスプレータイプなので、バッグに入れて持ち歩くにも最適です。

約1時間のカウンセリングを終えて。
「短い時間でも、よく眠れていたとわかったのはうれしかったです。オーダーメイドは少し敷居が高いけれど、それで体の痛みが緩和されるなら安いもの。自分で寝てみたり、測ってみたりできるのは心強いですね」

マットレスにどのように体圧がかかるかを測定。腰等に体圧が偏った場合、体の痛みの原因になります。

今回のねむりのサポートグッズ

目で見て分かる、
身体にあったマットレス選び

  • &Free マットレス SAハード

    &Free マットレス SAハード

    ベッドの上だけでなく、畳や床にも直接敷いて使えるタイプのマットレス。心地よい凹凸感が、体圧を分散させる独自構造と寝心地の良さを実現。ボディラインにぴったりフィットし、横向き寝にも対応。カウンセリングでは、実際にマットレスに横になって計測を行い、体圧が分散される最適なマットレスを選ぶことができます。

    シングル
    9×97×195cm¥108,000(税込)
    セミダブル
    9×120×195cm¥129,600(税込)
    ダブル
    9×140×195cm¥151,200(税込)
AFTER

ふとんに入ると
すぐに眠れるようになりました!

以前は寝起きに身体がだるい感じがしていたのですが、それもなくなり、横向きに寝ても、肩や腰も痛みが無いのが良いです。
相変わらず睡眠時間はあまりとれないのですが、横になると心地よさのために、すぐに眠れるのは&FreeマットレスSAハードだからこその醍醐味だと思います。
ベッドマットを変えることでこんなに、寝心地がよくなるとはこれまでに考えたことが無かったのですが、やはり毎日長時間使うものだからこそ良い商品を選ぶことが身体に良い影響を及ばすのだと実感できました。